« 寄付をしました | トップページ | 年末年始休業のお知らせ »

2009年9月21日 (月)

去年の今頃の話ですが

 本当にホビーロボットの部品ですか? と言うような大きな部品の図面と共に、ピンク色アルマイトの見積依頼がメールで届きました。
そして数日後、弊社に届いたその部品はズッシリと重く、図面で見ていた以上に大きい物に感じました。
部品の送り主はなぐさん、その部品とはAerobattler MON☆の左右に旋回する上体部だったのです。
なんとかご希望の納期に納めることができ、全てが組み上がったら一体どんな大きなロボットになるのだろうと「ROBO-ONE14 in ROBO_JAPAN 2008」当日を楽しみに待ちます。

そして10月12日の日曜日、ROBO-ONE14 決勝トーナメントがおこなわれるパシフィコ横浜へ。
大会直前になって、HondaのASIMO君もビックリの超大型機達の参戦が発表されたりと、重量級には今まで見たこともないような大きさのロボット達が多数参戦、お目当てのAerobattler MON☆がなんだか随分小さく見えます。決勝トーナメントの結果は既知の通りで、超大型機が総合優勝を飾りました。

今までにない超大型機の登場に、賛否両論様々な意見が交わされたようですが、今大会の競技規則に則って参加しているのですから、それに不備があるようであれば見直しをして、今後も超大型機が参加できる環境を整えることが重要だと思いました。

個人的にですが、同じ会場内でイベントをおこなっていたHondaのASIMO君が、凄い勢いで走ったり、安定した動きで人間の手助けをしたりと今まですっと感心していました。しかし今大会を見た後で、開発規模や目的に違いはありますが、似たような大きさのロボットがアマチュアにも作れるようになったこと、それが極端に言えば子供にでもコントローラを渡せば自在に操作できることを思うと、ASIMO君がちょっとだけ色あせて見え始めたのも事実です。

いよいよ第16回 ROBO-ONE in 富山が開かれます。「無差別級頂上決戦!!」と名付けられたからには、第14回の経験を元に超大型機達が存分に暴れ回れる環境へ一歩進んだことと思います。私は直接会場には行けませんが、参加される皆さんの熱い戦いを楽しみにしています。

20090921

写真はROBO-ONE14 決勝トーナメント終了後、メーカブースにて展示されているAerobattler MON☆です。
なぐさん、掲載のお許しをいただき有り難うございました。

|

« 寄付をしました | トップページ | 年末年始休業のお知らせ »

表面処理」カテゴリの記事